ブログ

大人のあせも💦

どうも首が痒いと搔いていたら

ふと…これって「あせも?」

汗を掻き始める時期ならわかるけれど…

今更何なんだ?と思いながら光線を浴びる

 

あせもは、汗が出る汗腺の汗管から、汗が上手く排出できないことが原因で生じる皮膚疾患です。

 

汗を排出できなくなるのは、

大量の汗をそのままにした場合に、汗に含まれる塩分やホコリなどにより汗管がふさがれてしまうからです。

排出できなくなった汗が、皮膚の中にたまって刺激となり、水ぶくれや小さな発疹ができます。

これがあせもです。

 

あせもは、新陳代謝が活発な子供に多くみられ、首や背中、おしりなどに現れます。

 

近年の猛暑や冷房の設定温度が抑えられることなどによって、大人にもあせもができる方が増えています。

大人の場合は、蒸れやすい首・ひじの内側・背中・おなか、肌着やベルトで締め付けられる部分などにできることが多いです。

 

皮膚のバリア機能が低下しているのも原因です

 

基本的に、あせもは汗腺の多い場所にできますが、汗が乾きにくい場所にもできます

 

 

 

あせもは、汗管の詰まる場所によって症状が異なり、3つのタイプに分けられます。

 

💦水晶様汗疹

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)は、皮膚のもっとも外側にある角層で汗管が詰まってできたものをいいます。赤みはなく、透明や白の小さな水ぶくれが現れるのが特徴です。また、かゆみがないことがほとんどで、あせもができていると自覚することは少ないでしょう。水晶様汗疹は、乳幼児にみられることが多いあせもですが、高い熱を出したときなど、大人にできることもあります。通常、数日で水ぶくれが破れて、自然に消えることが多いあせもです。

 

💦紅色汗疹

一般的にあせもと認知されているのが、紅色汗疹(こうしょくかんしん)です。表皮部分で汗管が詰まった場合に現れ、1~3mm程度の小さなぶつぶつができ、赤みとかゆみが出ることが特徴です。汗をかいたときには、チクチクした痛みが出ることもあります。

 

紅色汗疹は乳幼児だけでなく、汗をかきやすい大人にも増えています。こちらも、清潔に保っていれば1週間程度で自然に治りますが、かゆみが強い場合には、炎症を抑える薬を使用して症状を抑えましょう。かいてしまうと、悪化することもあるので注意が必要です。

 

💦深在性汗疹

深在性汗疹(しんざいせいかんしん)は、真皮内の汗管が詰まってできたもので、紅色汗疹より大きめのなだらかな丘疹が、多数現れることが特徴です。繰り返し高温にさらされる熱帯地方に多く、日本ではめったにみられない症状です。深在性汗疹の範囲が広がると、汗による体温調節機能に影響が出て、熱中症を起こす可能性があるので注意が必要です。

 

なつ整骨院では光線療法がオススメです

光線の殺菌効果で皮膚表面を清浄化し強くします

腫れや痒みは直ぐに消失します

是非、お試し下さい👍

Page Top