ブログ

意外な食物アレルギー😱

患者様からのお悩み相談

 

🤚果物と生野菜を食べると苦しくなるんです

普段から生食を心掛けている私達にとって

衝撃的な告白でした

 

今まで原因不明の喘息だと思っていたらしく、

病院に行ってもわからない

口腔内から食道になる胸のつかえ

寝ていても苦しくなる症状に眠れなくなる

 

元気になる為に果物や野菜を食べていたと言う

一般的には普通で当たり前のような事だけれど

 

アレルギー反応だとしたら

 

命取りにもなりかねない

 

この時季に美味しいマンゴーやトロピカルフルーツ

酵素の力が強くて被れてしまう人もいます

 

良いと言っても万人に良いと言うわけではない

 

やはり何事も☝️

変だと感じたら常識にとらわれない

疑問に思う事が大事です

 

食物アレルギーについて調べました❗

 

患者様は⑤の口腔アレルギー症候群

そのままです

 

何でもありの今だから

身体の反応をきちんと認識出来るように

なって欲しいですね😉

 

① 新生児・乳児消化管アレルギー

新生児・乳児期に発症する非IgE依存性の食物アレルギーで、人工栄養児に牛乳で発症する消化管症状(血便、嘔吐、下痢など)を主症状とすることがあり、多くは2歳までに治る

 

② 食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎

小児の食物アレルギーの多くは乳児アトピー性皮膚炎に合併して発症。湿疹の増悪に関与している場合や、原因食物の摂取によってアレルギー症状を合併することもあります。また慢性の下痢や低タンパク血症を合併している場合もあるので注意が必要です。

 

③ 即時型症状

即時型症状は原因食物摂取後、通常2時間以内に出現するアレルギー反応のことを示し、乳児から成人まですべての年齢で起こりえます。

 

④ 食物依存性運動誘発アナフィラキシー

ある特定の食物摂取後に、運動負荷が加わることによってアナフィラキシー症状が誘発されます

 

⑤ 口腔アレルギー症候群

果物や野菜に対するアレルギーに多い病型で、食後数分以内に口唇・口腔内(口の中、のどなど)の症状(ヒリヒリする、イガイガする、腫れぼったいなど)が出現します。多くは粘膜の症状だけで回復に向かいますが、稀にアナフィラキシーに至ることもあります。

Page Top